屋外

不動産会社選びをスムーズに進める|売却価格を高める方法

契約内容の確認

外観

突然京都に出張が決まり、長期滞在をすることになった場合、最初に考えるのが住居の確保でしょう。数日の出張であればホテルやウィークリーマンションでも良いかもしれません。ですが数年という期間で長期滞在する場合は一般的な物件を借りた方が全体的なコストを減らすことが出来ます。

まず住居を賃貸する際にはいくつかの契約方法があります。一般的な不動産賃貸契約としては、普通建物賃貸借契約が多く選択されます。こちらの契約方法は、正当な理由が無い限りは、不当に契約を打ち切られたり、追い出されたりする心配もありませんし。しかしこちらは、契約する段階の初期費用に更新料というものが含まれています。

一方で国内の賃貸契約方法には、定期借家契約というものがあります。こちらは2000年に施行された契約方法で、更新を前提としない内容で借家契約を結ぶことが出来ます。一般的に考えれば、契約更新が出来ないリスクを考えると、メリットが無いように感じてしまうでしょう。しかし京都に長期滞在する人にとっては大変魅力的な契約方法だということが出来ます。定期借家契約では契約期間が定められている代わりに、更新料などが一切発生しません。そのため初期費用も抑えることが出来ます。定期借家契約には、契約期間満了で再契約を一切行なわない非再契約型の他にも、契約期間満了後に再契約をするかどうか貸主と相談できる再契約未定型もあります。京都の長期滞在が長引く可能性があるなら、再契約未定型を選択するのが無難かもしれません。京都に長期滞在する予定がある人は、自分の状況に合わせて契約方法を選択していきましょう。